非常食は家に必ず常備

2011年には東日本大震災が起きました。
日本は自然災害が多く、巨大地震も数年に1度起きてしまいますし、毎年台風に悩まされる街も沢山あります。
自然災害は止めたくても止められません。
万が一に備える事はとても大事で、今は非常食の常備をしていない家庭は逆に危ないとされています。
いつ起きるか分からない災害のためには、準備をしておかなければなりません。
非常食も色々な種類があり、数も多いため、色々な種類を選べる点が良い所です。
非常時じゃない時に食べてしまう方も多くいらっしゃいます。それぐらい便利で手軽なので、
非常時にあると、とても便利で助かります。
災害が起きると、食料不足や、品物が街に届ける手段がなく、交通整備が終わるまでどうしてもスーパーに品物が無いという非常事態になってしまう事があります。
そんな時に食べる物がない、飲み物がない、日用品がない、などという状態になり、大変な事になります。
日用品がないというのは、どうにかカバーできる所があるかもしれませんが、食べ物や飲み物はそうはいきません。
皆が災害の被害者なので、生きるために食べ物は譲れない部分になってきます。
自分の命を守るため、自分で生きるために、日ごろから常備して災害に備える事が
今出来る一番大事な行動です。
災害が起きてから準備をしても、もう既に品物がないという状態の可能性が高いので、
何も起きていない日に買っておき、万が一のために棚などに置いておかなければなりません。
非常食は日持ちする物以外ないので、早めに買っておいても問題はありません。
ですが年に1度、常備されているか確認すると同時に、賞味期限もチェックしておく必要があります。
2,3個買っておくのではなく、1,2週間生きていけるだけの数を置いておくと一番安心です。
2,3日だけじゃ足りない場合があります。
災害の規模によりますが、巨大地震となると2,3日で食べ物が届く可能性がないわけではありません。
これからまた巨大地震が起きる可能性があると騒がれています。
勿論、台風や津波など、他の災害もこれからまだまだ起きていくので、毎年確認しておかなければなりません。
食料品の他にも、懐中電灯やティッシュペーパー等、他にも常備しなければならない物があるので、
インターネット等で調べてチェックしておくべきです。
自分の命を守るには、まず自分で準備をする事から始まります。
その準備を怠ってしまっては、元も子もありません。
今一度、家にある非常品を全てチェックして、備えておくべきです。